蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
白熱電球LED電球ハロゲンランプ一般直管蛍光灯特殊直管蛍光灯円形蛍光灯・サークライン電球型蛍光灯コンパクト蛍光ランプ水銀灯・高圧ナトリウムランプLEDライト・懐中電灯
植物育成・水耕栽培直管蛍光灯器具クリップライトスポットライト投光器・作業灯・防犯灯回転灯・表示灯・積層回転灯舞台照明・演出照明・ミラーボールスタンド特殊電球・撮影機材電設資材その他

■LED電球 ハロゲン形 E11口金 各メーカー比較

トップページ > 電球豆知識 > LED電球 ハロゲン形 各メーカー比較

■LED電球 ハロゲン形 E11口金 各メーカー比較


LED電球も各メーカーから発売が開始され、種類が増えてきました。
今回は各メーカーの光の広がり方・明るさ・色の違いを実際に点灯させ実験してみました。
また、画像では分かりにくい感覚的な部分もご紹介させて頂きます。
今回の比較に使用したLED電球は、こちら
東芝 LDR7L-ME11
NEC LDR5N-M-E11/C LDR5L-M-E11/C
TECLIGHT TEHL03WL-E11/C
BLTC BLT2011N40-CW33H1 BLTC2011N40-CWW33H1
まずは、寸法の違いから比較をしてみます。
左側より、ウシオ JDR110V40WLM/K , TECLIGHT TEHL03WL-E11/C NEC , 東芝 , BLTCの順番に並べてみました。 下記の表に各商品のサイズを掲載します。

メーカー名 品番 幅(mm) 長さ(mm) 質量(g)
ウシオ JDR110V40WLM/K 50 62 -
TECHLIGHT TEHL03WL-E11/C 50 65 55
NEC LDR5N-M-E11/C
LDR5L-M-E11/C
50 72 75
東芝 LDR7L-ME11 50 78 130
BLTC BLTC2011N40-CW33H1
BLTC2011N40-CWW33H1
- - -

大きさの違いは、BLTC以外、幅は50mmとなっており、通常のハロゲンランプと同じ幅となっております。
長さは、各メーカーにより事なりますので、ご使用されている器具に合うサイズをご利用ください。
重さは、東芝が一番重くなっております。





■ガラス部分比較


ガラス部分の撮影をおこないました。こちらはメーカーより様々な形がある事がわかります。

LEDになっているといっても、どうしても熱対策をしなくてはいけませんので、メーカーにより、空洞をもうけて熱処理をしていたり、内部の技術的な問題をクリアして外見をハロゲンランプに近づけている所等様々です。

また、仕様しているLEDの数により左写真のように、チップ部部が変わっていたり、角度調整をする為に独特な反射板を使用していたりします。

形につきましては、お客様の好みにより分かれると思います。

■光の比較


ご購入を考えているお客様で、一番の不安が光の違いだと思います。

ウシオと書かれている画像が、一般的なハロゲンランプ(JDR110V40WLM/K)中角の光となりますので、これを基準としてご覧ください。左の写真は、クリックすると拡大します。

色の違いとして、テックライト・NECは、色が似ています。
東芝・BLTCの色は、ハロゲンランプに似てる色合いとなっているのが分かります。

この中で、特殊な光方をするのはNECのLEDだと思います。テーブルを見てみると、綺麗な円形の光となっています。

光の角度は、LEDなので、どうしても直下の光が強く一般的なハロゲンランプのようなガラス部分から光が漏れている光方にはなりません。
白色相当品は、現在弊社取扱いが2種類ございます。
BLTC2011N40-CWW33H1 と NEC LDR5N-M-E11/Cとなります。
こちらは、かなり色が異なっております。NECの光は、白色に使い光となっておりますが、BLTCの光は、青色が強く、昼光色の感じがします。

■価格の違いについて
メーカー名 品番 販売価格
ウシオ JDR110V40WLM/K 955円〜
TECHLIGHT TEHL03WL-E11/C 2,980円〜
NEC LDR5N-M-E11/C
LDR5L-M-E11/C
2,880円〜
東芝 LDR7L-ME11 4,440円〜
BLTC BLTC2011N40-CW33H1
BLTC2011N40-CWW33H1
5,980円

※価格につきましては、変動する場合がございます。こちらに記載価格は2010/10/27現在のものとなっております。予めご了承ください。

■お支払い・送料について
代金引換 手数料無料
8,400円以上送料無料!  詳細は「送料・支払いについて」をご覧ください



→アカリセンタートップページ