蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
白熱電球LED電球ハロゲンランプ一般直管蛍光灯特殊直管蛍光灯円形蛍光灯・サークライン電球型蛍光灯コンパクト蛍光ランプ水銀灯・高圧ナトリウムランプLEDライト・懐中電灯
植物育成・水耕栽培直管蛍光灯器具クリップライトスポットライト投光器・作業灯・防犯灯回転灯・表示灯・積層回転灯舞台照明・演出照明・ミラーボールスタンド特殊電球・撮影機材電設資材その他

■ 電球豆知識 (トルーライト(TRUE-LITE) / VITA-LITE / フルスペクトルライト とは?)

トップページ > 電球豆知識 > 電球豆知識 (トルーライト(TRUE-LITE) / VITA-LITE / フルスペクトルライト とは?)

■トルーライト(TRUE-LITE) / バイタライト(VITA-LITE) / フルスペクトルライト とは?


輸入元さんによるトルーライト(TRUE-LITE)による説明です。バイタライト(VITA-LITE)、フルスペクトルライトと名称は異なりますがいずれもトルーライト(TRUE-LITE)と同じ機能をもった製品を指す名称です。

※文章がやや変ですが恐らく英文をそのまま翻訳した為と思われます。




●非汚染光源
サンシャイン(太陽光)は自然の光です。サンシャインの下で全ての動植物は、生命を享受しているのです。またサンシャインの下で万物は真の色彩を発揮する事が出来るのです。
トルーライトは、人工に依る自然光に最も近い光に成功した蛍光灯で、あらゆる生物に必要な紫外線を照射出来る様設計されております。
以上の効果は、幼芽や健康な種子を成生し、樹木の生長と調寿命や色彩変化を助長し、樹木や草花の真実の色彩を演出します。
アフリカスミレ、アマリリス、アニュアルス、ブロメリヤ、フリージア、ゼラニュウム等或るいは、室内鉢植球根の水仙、蘭、チューリップ類に対して4インチから6インチぐらいの高さにトルーライトを設置し、夏期は10〜12時間、冬期は14〜16時間位照射すると有効です。一方水族館の水槽には、水質浄化のため必ず海藻(又は川藻)があしらわれています。これ等の藻はもちろん水質浄化を促進し、色彩のバランスを保ち景観美を発揮します。また海藻類は、幼魚の憩の場としても卵を植え付ける安全地帯としても利用されております。周知の通り海藻類は光合成に依り炭酸ガスを吸収し酸素を放射します。
七色波長のトルーライトは、魚や藻の色彩を自然光の下で見るときと同じ効果をもたらします。
専門家はバランスのとれた分光分布(近紫外線を含む)は、生物の成長に欠くことの出来ない深遠な自然の恵みである事を認めております。
トルーライトは、全生物の体内に光合成に依るビタミンDの醸成を促進し動植物、魚鳥類の自然色保持を助長し動植物その他あらゆる生き物の成長に最適な自然環境を創造致します。

●動物・魚類・鳥類に対する太陽とトルーライトの光について

地球上に生命が誕生して依頼。生命あるものは太陽の光にはぐくまれてきました。
植物が芽を出し花をさかせ実を結ぶこと、動物がその植物を食べて育ち、他の動物に自らの身体をささげること、渡り鳥が南から北へ飛び去ること、秋になると羊が排卵すること、そして私達が朝になると目がさめ夜になるとねむること、これらは全て太陽の光によって治められている自然の営みです。

水族館はもとより家庭の水槽でも魚と植物のバランスが大変重要です。
光合成の課程で、水中の植物は光と炭酸ガスと栄養分から食物をつくります。
水中の炭酸ガスは魚の呼吸からも、暗い時の植物からもでてきます。
水中の炭酸ガスが増えすぎると水の質が酸性になりすぎ(pHは6.8〜7.4位に保つことが必要)魚に有害です。

太陽の光、トルーライトを使って、水中の植物(造花は役に立ちません)と魚の共存共栄をはかりましょう。
植物は水の中の炭酸ガスと魚の排泄物を取り除いてくれますし、光に当たっている間は酸素を補給してくれます。トルーライトをつければ、熱帯魚等が自然の色で見えることは申すまでもありません。

従来、健康なペットを育てるため、温度・湿度・換気・餌には大変気をつかってきました。
しかし、光を忘れてきませんでしたか。
(太陽の光と蛍光灯の光はとても違うのです。)
光はペットたちにとっても生命の源で、光によってその成長・繁殖・行動などが支配されているのです。
トルーライトは食欲がなく餓死寸前のへびの命を救い、人工飼育のツノメドリに初めて卵をかえらせ、猿の呼吸器病を治してしまいました。
鳥類学者で全米のペット・バードの審査員のイグナシオ・ペレラさんもトルーライトの推薦者です。(MADE IN U.S.A)
アメリカ デュウロテスト社の資料より
アメリカ ソーリントン博士発明・国際特許品



●水槽内のエコロジーを保つ光トルーライト

 他の動物と同じように魚にもその進化の全過程に於いて太陽の光を受けて、日々のそして季節毎の重要な機能を調節しながら生きて来たのである。
事情により太陽の光が簡単に得られない場合には、どうするか。
トルーライトの点灯により室内の水槽内にも、第2の太陽ともいうべき太陽光に最も接近した光を与えることが出来る。
 トルーライト照明により、金魚も鯉も熱帯魚も全て自然の色で観賞ができる。
トルーライトは可視光線と有益紫外線の両領域に於いて太陽の光のようにバランスのとれた光エネルギー分布を示す。

・光の必要性
水槽内で光は2つの重要な役割を果たす。
1.光があって初めて魚に対して自然環境をシムレーションして与えることが出来る。
2.光があってはじめて魚、植物及び水槽内の付属品を鑑賞することが出来る。
 而も自然の美しい色で。

・光と魚
 光があって初めて餌を食べたり、産卵したり、孵化したり、攻撃的な魚から非難したりする非常の営みを行うことができる。
 自然の生息地の場合、光は魚の上からさし込んでくる。
したがって水槽の場合も上から照射することが肝要である。
魚を屋内の水槽で飼育する場合自然の生息地と同じ光を与えることが重要である。
トルーライトは全スペクトル光であり、水槽に太陽光をシムレーションした光を与えるのである。
 トルーライトの光は可視光線・紫外線の両域において太陽のスペクトルを放射し、その演色指数はCIEによるCRI-91である。
トルーライトの全スペクトルが彗星植物の成長及び魚の育成に必要な光の本質をなすものである。

・光と水生植物
 大型の水生植物及び藻類の双方が直接的、間接的に魚に食物を供給しているのである。魚は藻類はもちろん大型の水生植物の一部を食餌しているだけでなく、藻類や水生植物を食餌とする生態を食べているのである。
 人工のものでなく生きた水生植物を使用することがどんなに有益であるかを看過しなくてはならない。
生きた水生植物は勿論装飾になるだけでなく、魚及び水中環境に対して重要な生物学的機能を果たしているのである。

・植物は水を整える
 光合成の課程で植物は光、炭酸ガス及び諸々の栄養素を使用して食物を生産する。
水生植物の最も重要な機能の一つは水中から炭酸ガスを取り除くことである。
水槽内の炭酸ガスは魚の呼吸及び夜間光がないときの植物自体から発生する。
水中の炭酸ガスの増加を放置すれば、炭酸ガス自身が有毒になりかねない。
すなわち、水の酸性が増加して有毒水準に達するのである。
水のペー・ハーpHを大体6.7〜7.4の範囲内に保つことが望ましい。
水中の植物は炭酸ガスを使用するのみならず、水中から水溶性の魚の排泄物を栄養物として除去し、水槽内のフィルター・システムの一助ともなっているのである。

・植物は酸素を作る
 水槽内の植物は水中から炭酸ガス及び魚の排泄物を取り除くだけでなく魚の呼吸に必要な酸素を補給する。
光の照射を受けている間、植物は酸素を補給することによって水の通気に役立っているのである。

・植物は藻類の成長を抑制する。
 全ての水生植物、特に大型の葉をもった植物を水槽内に入れて置くと、葉の周辺の照度水準が落ち、藻類の成長を抑えることになる。
藻の成長は一般的に、照射時間及び水中の栄養分に比例する。
大型の植物は水中の栄養分の補充及び照度水準を低下させる結果、藻類の成長を現象させるのである。

・植物は避難場所である。
 植物はまた強い攻撃的な魚から小さな魚を守ってくれる避難場所の役割を果たす。
生きた植物は自然の魚環境を作ってくれるのである。

・植物は産卵場である
 植物は産卵及び孵化のために自然の環境を与える。

・生きた植物は装飾の役目も果たす
 植物は単に水槽内で、装飾的目的を果たすだけでなく観賞魚と同じく、美しさそのものであると言える。

・魚と植物のバランス
 問題のない水槽の秘密は、植物と魚のバランスにありと言える。
正しいバランスがあれば、藻類の過剰発生もpHの変化の行き過ぎもない。
槽内の病気に対する予防及び長期に互る植物と魚のバランスの維持が必要である。

・照射方法
 前述の如く、光は水槽の上部から照射することが必要である。
トルーライトの場合3.8リットル当りの水に対して2ワットの割合で照射すること。
この割合で1日(24時間)当り12時間照射すれば、植物及び魚に対して充分な光を与えることになる。

・トルーライトと淡水魚・海水魚
 トルーライトは屋外の自然光(太陽光と天空光)に最も接近した光ですから、淡水魚及び海水魚の双方に安心して使用可能である。




●トルーライトと魚と爬虫類

 水族館はもとより家庭の水槽でも魚と植物のバランスが大変重要です。
光合成の課程で、水中の植物は光と炭酸ガスと栄養分から食物をつくります。
水中の炭酸ガスは魚の呼吸からも、暗いときの植物からもでてきます。
水中の炭酸ガスが増えすぎると、水の質が酸性になりすぎ(pHは6.8〜7.4位に保つことが必要)魚に有害です。
 太陽の光、トルーライトを使って水中の植物(造花は役に立ちません)と魚の共存共栄とはかりましょう。
 植物は水中の炭酸ガスと魚の排泄物を取り除いてくれますし、光に当たっている間は酸素を補給してくれます。
トルーライトをつければ、熱帯魚等が自然の色で見えることは申すまでもありません。
 従来、健康なペットを育てるため、温度・湿度・換気・餌には大変気をつかってきました。
しかし、光を忘れてきませんでしたか。(太陽の光と蛍光灯の光はとてもちがうのです。)
 トルーライトは食欲がなく餓死寸前のへびの命を救い、人口飼育のツノメドリに初めて卵をかえらせ、猿の呼吸器病を治してしまいました。
 鳥類学者で全ペット・バードの審査員のイグナシオ・ペレラさんもトルーライトの推薦者です。

オリジナル GIF(306kb)

■お支払い・送料について
代金引換 手数料無料
8,400円以上送料無料!  詳細は「送料・支払いについて」をご覧ください



→アカリセンタートップページ