蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
蛍光灯・電球・ハロゲンランプの激安販売 アカリセンター
白熱電球LED電球ハロゲンランプ一般直管蛍光灯特殊直管蛍光灯円形蛍光灯・サークライン電球型蛍光灯コンパクト蛍光ランプ水銀灯・高圧ナトリウムランプLEDライト・懐中電灯
植物育成・水耕栽培直管蛍光灯器具クリップライトスポットライト投光器・作業灯・防犯灯回転灯・表示灯・積層回転灯舞台照明・演出照明・ミラーボールスタンド特殊電球・撮影機材電設資材その他

■ デジタルカメラ撮影方法

トップページ > 電球豆知識 > デジカメ (デジタルカメラ) 撮影機材紹介 > デジタルカメラ撮影方法

コニカミノルタ αスィート

■デジタルカメラを使った撮影方法


昔は、高級だった一眼レフカメラ。今は機能も進化し価格も安くなり、一般の人でも購入される事がおおくなりました。ホームページへの掲載写真・オークション写真・ブログ写真等でも使われる事が多くなっていると思います。

アカリセンターは、電球・蛍光灯・ハロゲンランプの通信販売ですので、実際の商品を撮影する事も多々あります。撮影している人間は?というと、カメラ撮影の初心者です(笑

どこをいじると、どう写真が変わるのか?を実際に写真を掲載に比較し、撮影テクニックとしてご参考になればと思っております。

今回、使用したデジタルカメラは「コニカミノルタ αスィート」


ホワイトバランスの調整

ホワイトバランスの調整 図2

■ホワイトバランスの調整でどう変わるか?


このカメラの場合、「2500〜9900K」の間で調整が出来ます。
実際にケルビン数を変えて撮影をしましたので、違いをご覧ください。
また、AWB(オートホワイトバランス)という機能があり、自動的にカメラでホワイトバランスを調整してくれる機能もあります。

本来ケルビン数とは、光源光色を物理的、客観的な数字で表したものを差します。一般的に色温度が低い場合(3300K以下)は、赤味を帯びた暖かみのある光となり、色温度が高い場合(5300K以上)と青味を帯びた太陽光のように白っぽい光となります。

一眼レフカメラで、ケルビン数を設定した場合、逆の事がおこります。

実際にケルビン数を変更し撮影しましたので違いをご覧ください。
AWB(オートホワイトバランス) 2500K 3000K 3500K 4000K
4500K 5000K 5500K 6000K 6500K
7000K 7500K 8000K 8500K 9000K
9500K 9900K      

このように、ケルビン数が低い場合、青色に撮影されケルビン数が高い場合、電球色のような色合いになります。
撮影する商品によりベストな色合いを選び、撮影するとより商品と写真の色合いを忠実に再現する事も出来ると思います。

設定が大変な場合は、AWB(オートホワイトバランス)で撮影するのが簡単ですね。

■F値(絞り)の調整でどう変わるか?


F値とは、絞りを値にしたものを言います。
難しいですね。
絞りには、光量を調節する働きがあります。
レンズを調節し、光の量を少なくしたり多くしたりすることにより、写真の明るさを変える役割があります。
では、実際に写真を撮り違いを見てみます。

カメラ・レンズにより、F値の数値が異なります。ご了承ください。
F値 25 F値 22 F値 20 F値 18 F値 16
F値 14 F値 13 F値 11 F値 10 F値 9
F値 8 F値 7.1 F値 6.3 F値 5.6 F値 5
F値 4.5 F値 4      

ISOの調整
ISOの調整 画面

■ISOの調整でどう変わるか?


ISOとは、国際標準化機構(International Organization for Standardization) のISOの事をいいます。
でも、さっぱりわからないですよね。

簡単に言うと、フィルム感度のことをいいます。
ですが、実際にはISOで定められているのは「フィルム感度」なので、デジタルカメラを使用している場合CCD・イメージセンサーをフィルム感度と同等に置換えて表しています。

言葉で言っても、チンプンカンプンです(汗

実際に撮影をしてどのような違いが出るのか見てみましょう。

今回は、F値(絞り)固定のまま撮影をしてみました。
ISOオート ISO 100 ISO 200 ISO 400 ISO 800
ISO 1600 ISO 3200      

写真のように、明るさが高くなっていきます。
暗い場所での撮影等では、ISOを高く設定し撮影をすると明るく撮影が出来そうです。

F値(絞り)を固定しないで撮影した場合、シャッター速度を早くすることが出来るので、手ブレ防止等にも役にたちます。

デメリットとしては、ISOを高く設定した場合、ISOが上がるにつれてノイズが増えてしまう事です。

F値とISOをうまく使いこなし、その場所にあった設定を見つけて撮影をするようにすると、一段と写真撮影の楽しみが味わえると思います。


簡単な説明でしたが、撮影の時の参考にしてみてください。

今回は、カメラだけの設定でどのような写真が撮れるのかを説明いたしました。

カメラ+照明機材により、また違った写真・綺麗な写真も撮影できるように変わると思います。

当店では、撮影用機材も多数販売をいたしておりますので、お時間がありましたら是非ご覧になってください。

※説明文に間違いがあるかもしれませんが、ご了承ください。
■お支払い・送料について
代金引換 手数料無料
8,400円以上送料無料!  詳細は「送料・支払いについて」をご覧ください



→アカリセンタートップページ